のぼりのデザイン

のぼりは、古くから使われていますが、今現在においても幅広く使われており、そのデザインの数はかなりのものとなっております。

基本的に用途に合わせてデザインをされていくわけですが、その用途からして多いのです。

政治活動、パチンコ、飲食業、ボウリングのような娯楽施設などなど。

例を挙げたらきりがないほどと言っても過言ではありません。

それらの用途一つ一つにあわせたデザインがあります。

過去の伝統を守るべきところは守り、新しくすべきところは新しくし、と言ったところです。

最近では技術の進歩もあり、従来までは出来なかったような難しいデザインも、今では最新の印刷機械を用いて簡単にプリント出来てしまいます。

それぞれの用途に合わせたデザインが大切だと言いましたが、色使いも重要になってきます。

飲食店で使用するのぼり旗であれば、食欲を落としてしまうような色合いにするわけにはいきません。

つまり、食欲を刺激する赤色を使っている飲食店が多いのはそういったことが理由なのです。

また、「冷たい生ビールあります」といった謳い文句であれば、キンキンに冷えたビールを連想させるような青色を使ったりしています。

もちろん現在のぼりを販売しているようなところは、過去の実績があり用途や目的を伝えれば、オリジナルよりも安い既製品を紹介してくれる業者もあります。

さらに、個性的なデザインや独自の旗を製作したいと考えている方も多いと思いますが、拘りたい方は専門業者の人と話し合いを深め、お互いに納得のいくのぼり作っていくと、効果的で良いものが出来上がると思います。

また、予算を出来るだけ押さえたいという時には、のぼり通販ドットコムのアウトレットがおすすめです。(アウトレットのページhttp://www.nobori-u.com/c_page/2850/0001.html

アウトレットといっても、些細なインク汚れ程度のものですから、短期間しか使わない時などに重宝します。